カテゴリ:25キューブ( 49 )

 

生きてますよ

5日間の出張から帰ってきました。
世は3連休&クリスマスで浮かれモードでしたねー。
ワタシは3連休も仕事してましたが、何か?
『クリスマス?何それ?』状態です。


ま、さすがに今日は代休とって家でのんびりアクア三昧です。




さて5日間も家を空けていると、気になるのは水槽の様子。
さぞコケまみれで見るも無残な姿になっているだろうと思ってましたが
それほどまでコケは生えてなく・・・


出張前と帰ってきてからの水槽の画像載せて、『こんなんなってもうたー!』
っていうネタを考えてましたが見事に空振り。


さぁネタがないぞ、困った。
きっとこのブログを読んでくれている人は週末になっても更新がないので
さてはいぬがみ死んだかな?なんて思っている方も多いはず。
なんとしても更新せねば。



というわけで大したネタではないのですが、ご覧ください。




レイアウトをちょこっと変更しましたよっていう記事を書いたのがほぼ10日前。
あれからどうなったかというと


a0291092_11381695.jpg


さして変わらず。


ミクロソリウム・ウインドナローの葉が伸びたかな。





a0291092_11401146.jpg



グリーンロタラはすっかり水中化しました。
この調子でモリモリ増えてほしい。





a0291092_11412295.jpg


グロッソはほとんど変化ないな。
このまま消えてしまいそうな予感・・・・





a0291092_11425080.jpg



a0291092_16584739.jpg



換水後にさかんに酸素の気泡を出してる様子は癒されますな。
面倒な水換えもこの光景を見るとやってよかったと思えるってもんですわ。








最後に、出張先の広島で食べたお好み焼き

a0291092_11451992.jpg


みっちゃん総本家

高いからか地元の人はあまり行かないそうですが、おいしかった。
やっぱソースが違うのかな。




生きててよかったねーという人はポチッっと

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-12-25 11:50 | 25キューブ

ちょこっと変更

リセット時に使う予定で流木とミクロソリウムを手に入れたところ、
なんだかムズムズしてきたいぬがみです、コンバンハ。


流木はともかく、ミクロソリウムは水槽に入れておかないといけません。
どこに配置しようかなと思案しているうちに、ムズムズがヒートアップ。

気がつけば土木工事をしてました。




そんなわけで、レイアウトがまた変わりました。




a0291092_21484165.jpg

              before




a0291092_21491342.jpg

              after



緑パイプ隠しのために置いた左端の大きな石を取り除き、そこにミクロソリウムを配置。
ロタラも伸びてきたので、カットして差し戻し。
右にあったウェンデロフをロタラの前に移動して、ロタラの根元が隠れるようにしました。




どうですか。だいぶイメージ変わりましたよね。

左にあった石が大きすぎて、圧迫感があったので思い切ってどけちゃいました。
エーハの緑パイプはそのうちロタラが隠してくれることを期待。

ミクロソリウムのテープのような細く長い葉がたなびくさまは、なんともいえず (・∀・)イイ!!
重苦しいイメージの水景から、軽やかに生まれ変わりました。




ところでこのミクロソリウム。
よく見ると袋には『ミクロソリウム・ウインドナロー』って書いてある。
てっきりナローリーフかと思って買ったんだけど、違うっぽい。
っていうか、袋に書いてあるから違うし。

途中で枝分かれしてる葉っぱもあるんですよね。
トライデントっぽい雰囲気もある不思議なミクロソリウム。


詳細わかる方、教えてください (´・ω・`)





【追記】

ミクロソリウム・ウインドナローKというのが正式名称らしいです。
チャームの商品説明によりますと、

通称本ナローで流通しているミクロソリウムの変わり葉を固定したものと思われます。育成は他のミクロソリウム同様、2灯以上の弱酸性~弱アルカリ性の範囲内で炭酸ガスなしでも十分育ちます。ただし、高温には弱く、シダ病になりやすいので温度管理は注意が必要です。

と書いてあります。
チャームでも正直、よくわからんということみたいです。




にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-12-16 22:16 | 25キューブ

EUREKA!

昨日、雪が降った名古屋県です。
12月のこんな早い時期に雪が積もったのは記憶にありません。
日中には溶けて消えましたが、今朝もまたうっすら雪が積もってました。
今年の冬は寒そーですね。((((;゚Д゚))))サムー

まっ、雪の多い地方の方からしてみれば、この程度の雪なんて屁みたいなもんでしょうね。







最近はブログやってるみなさんが新規水槽起ち上げた記事を読むたびに『いいなぁ』なんて思ってました。
オレも新規で60P起ち上げてーなー。


でもウチには新規に60Pを置くスペースがない!
ホントは片づければなんとかなりそうだけど・・・子供のモノが増えていくので当分無理かも。



そんな時、『新規水槽がダメならリセットすればいいじゃな~い』とのお告げが!
(マリー・アントワネットかっ?)


そうだった。リセットという手段があるんだった。


マンネリ化したアクアライフを打破するにはリセットが有効。
っていうか、今わかった。

『オレはリセットするために水草水槽やってるんだ~』(魂の叫び)




というわけでもうちょっと先の話になりますが、リセットします。(`・ω・´)シャキーン



これから年末にかけては忙しくなるので、年明けて落ち着いたらやりますよ。
そのあいだしばらくは構想を練りつつ、一人でニヤニヤしちゃいます。






リセットすると決めたら、急に愛おしくなってきた25キューブの水草たち。
そのまま使うつもりなので、このまま育成していきます。
リセットの時にいじけてないよう注意しておかないと。


a0291092_21582770.jpg


先日、水上栽培から移植したグリーンロタラ。
1週間して、茎の途中から根っこを伸ばしてきました。





a0291092_21592835.jpg


良く見れば、水中葉仕様の脇芽も。
どんどん伸びておくれ。




a0291092_229191.jpg


グロッソはほとんど変化なし。
たのむよ、殖えてくれよ。






ポチッとしてくれるとグロッソが殖えます(たぶん)

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-12-11 22:21 | 25キューブ

じょじょにアップ

モチベーションは待っていても上がらない。
ましてや誰かに上げてもらうものでもない、自らの力で上げるんだ 
                                           byいぬがみ





いきなり名言(?)からはじまりました今回の記事。

25キューブのレイアウトをちょこっと変えてみましたが、大して変わらなかったので
また手を加えてみることに。


その前にこちらを・・・


a0291092_21432187.jpg



庭に置いてある睡蓮鉢です。
夏前にあまった水草を植えておいたら、どんどん増えて水上化し、気温の低下とともに
じわじわ消滅しつつあります。


この中から使えそうなものをチョイスして、25キューブに植えてみます。
アオミドロだらけなので、持ち込まないよう水上部分限定です。






a0291092_21473272.jpg



グリーンロタラ 数本、ロタラインディカ 1本、ルドヴィジア・スーパーレッド(うろ覚え) 3本


寒さでかなりダメージを受けていたので、使えるのはこのぐらい。
水中にある部分はまだ元気そうですが、アオミドロがコワイのでパス。








a0291092_21532623.jpg



石とガラス面の狭い隙間に無理やりねじこんだった。
この子たちが緑パイプ隠しになればいいなぁ・・・


上から見るとこんな感じ

a0291092_21552673.jpg



スーパーレッドが増えれば緑の中の差し色となっていい感じになりそうだ。
さてさて、ちゃんと水中化してくれるかな。




モチベーション だんだん上がってきました

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-12-04 22:04 | 25キューブ

モチベーション

えー、最近の気温とともにアクアに対するモチベーションも上がらないいぬがみです、コンバンワ。

この週末はかなり寒いですね。
名古屋県も日中、みぞれっぽい雨がちょっと降りました。
いよいよ冬が本気出してきた。



そんなわけで、アクア熱を高めるため25キューブをいじりました。
といっても、レイアウトをちょこっと変えてみただけです。




a0291092_21202691.jpg



以前とはいくらか違うイメージになりました。
っていうか、比較する画像がないのに何言ってんでしょうか。

以前の画像が残ってなかったので、勘弁してください。
あ、そうだ。昔の記事には残ってますから、コチラでご確認ください。



どうです、ちょこっと変わったでしょう?
え、わからないって。


では説明しましょう。

以前は凸型構図を意識したレイアウトだったのを、今回は石を左に寄せ
三角構図にしてみました。




大して変わんねーな・・・

吸排水パイプを隠したかったんだけど、イマイチだ。
エーハの緑パイプは存在感ありすぎだわ。

モチベーション上がらず。






あ、そうそう
ちょっと前に記事にしたグロッソの水上栽培ですが、かなり残念な感じです。


これは水上栽培開始のとき
a0291092_21355462.jpg


これは画像が残ってました。



そしてこれが今日

a0291092_21364566.jpg




貧弱貧弱貧弱~
やせ細ってます。

気温が上がらなくなったからか、光が足りてないのか。
このままでは消え去る運命なので、水槽に植えてやりました。


a0291092_21381119.jpg



また増えてくれるといいなぁ。





↓ポチッとしてくれるとモチベーションが上がります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-12-02 21:54 | 25キューブ

貧乏式CO2添加

いやいや、すっかり寒くなってきましたね。
名古屋県も通勤時、コートなしではつらくなってきました。
北海道などはもう雪が積もりまくっているようで、大変でしょうね。
しかも停電とかあったりして、家の中でも凍死しちゃうかもね。

外は寒くても水槽の中はヒーターが利いていて、年中南国。
うらやましいぞ、サカナども。



ところで、キレイな水草を育成するのには必須なCO2添加。
皆様はどうしてるんでしょうか。

アクアブログを見ていると小型ボンベで添加されている方が多いようですね。
その中でもシャレオツな方々はADAのCO2システムで、パレングラスからシュワシュワと
スタイリッシュかつクールに添加しちゃってるんでしょうね。


え、ウチですか。
ウチはそんなシャレオツなものありません。
ウチはこれです。

a0291092_223539.jpg



はい、発酵式です。
再利用されたペットボトルが哀愁を誘います。
スタイリッシュさなんて微塵も感じません。
いやいや、これってエコですから。


じつは仕事の関係上、イーストの入手には困らないので発酵式でやってるんです。
しかもゼラチンとかお湯で溶かすのも面倒ってことで、重曹コントロールです。
手間もかからず、超ラクチン。

やり方はネットに転がってるので、ここでは割愛します。
かれこれ2年ぐらいこれでやってるので、コツみたいなものもつかみました。
季節によってイースト量と重曹の量を調整してやるのがミソです。


でも、室温が上がらない冬場はうまく発酵してくれません。
寒いとイーストの活動も落ちるんです。
これからの季節は発酵式だとちょっとつらい時期です。


この流れから、『こいつ、小型ボンベいっちゃうな』とか思ったアナタ。
残念、ハズレです。

小型ボンベ式のあのメカメカした感じは、ワタシの厨二心をくすぐりますが
今のところは我慢。





話がそれました。

イーストは30~40℃くらいが一番活発に発酵を行い、炭酸ガスCO2を出すようですが、
10℃を下回るとガス発生量が極端に落ちます。
冬場つらいといったのはこのためなんです。


じゃあ、温めるか保温できるようにしてやればいいんじゃね?

発酵式はじめたころは湯煎してみたり(すぐに冷えるのでダメ)
水槽の水の中に入れたりしました。

水槽の中は水温が25℃程度にキープされているため、イーストの発酵も
いい具合でCO2もよく発生しました。

でも、見た目が全然ダメ。
想像してみてください、水槽の中にある白濁した液体の入ったペットボトルを。
どんなに美しく水草が育とうとも、すべてを台無しにしてしまうあの圧倒的存在感。

ということで却下。
無策のまま冬を迎えねばならないのか。



しかし今年はコレを手に入れました。

a0291092_2232791.jpg



最初の画像にもちょっと写ってますが、パネルヒーターです。
これでペットボトルを温めてやろうというわけ。

でもペットボトルの底部分は凸凹していて、パネルヒーターとの接地面積が小さい。
これでは効率よく温めることができない。


ということでダイソーでガラスの容器を買ってきました。
底が薄いので熱伝導の効率もよさそう。
ホントはもっと底面積の大きい容器がよかったんだけど、ちょうどよいのがなかった。

この容器に水を入れペットボトルを入れてやれば、容器内の水が温かくなりペットボトルの中も温められるというわけ。



a0291092_22391566.jpg



しかし、水温は22℃までしか上がらない。
ちょっと誤算、25℃くらいまではいくと思ってたのに。
ちなみに、この気泡は水道水に含まれている気体です。


それでも何もしてないよりははるかにまし。
ほとんどガス発生がなかった容器から炭酸ガスが発生するようになりました。
バブルカウンターで3~5秒に1滴といったところ。
25キューブなのでこんなもんでも十分です。

これでこの冬を乗りきれるかな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-11-28 22:56 | 25キューブ

ネタ不足

いやぁ~ずいぶんひさしぶりに更新するような気がしますが、いぬがみです。
ワタシのことおぼえてますか?

久しぶりとか言っても1週間ぶりだからそんなに久しくはないんだけどね。


一時期、3位まで上がったランキングも今やすっかり落ち込み、見る影もありません。
なんでそんなに支持してもらえたか、本人的には不思議だったんですけど・・・




なぜ更新するのにこんなに空いたかというと、なんといってもネタがない、コレ最強。
不動の1位、ネタガナイ。


夜帰ってから水槽に向かい、エサやってニヤニヤする平日。
換水して、きれいになった水槽を眺めてやっぱりニヤニヤする週末。

こんな毎日のどこにネタがあろうか。
あー、新規水槽起ち上げてぇ。
(ただの心の叫びです、フリとかじゃないですから)



いつもなら週末にいくつかネタを仕込むんですが、
先週末は土日2日連続でゴルフしたもんだから、アクアでニヤニヤする時間もなく、
空いた時間にささっと水換えをしただけ。
なのでネタはないです。

しいてあげれば、ゴルフ場で池の際のコケむした石を見てニヤニヤしたぐらいです。



あ、そーいえば・・・

前回の記事で死んでしまった抱卵レッチェリから、卵を採取したという話を
憶えているでしょうか?
そんな昔の話は憶えてられねぇ、こちとら忙しいんでぃ!なんていう江戸っ子体質の方は
ひとつ前の記事を読み返してもらえると、コレ幸いです。



なんと、あの卵が孵りました!

a0291092_22175163.jpg




ハイ、何が写ってるかさっぱりわかりません。
丸で囲ってみたけど、よくわからない。
これがケータイカメラの限界ですかね。

1匹だけいました。大きさは2mmほど。
卵を採取してから3日ほどで孵化。
こんなんでも孵化するんですね。

この後、孵化した稚エビは見当たらない。
卵も全部で10粒程度だったし、孵化率としてはこんなもんかな。
親エビの腹にくっついてたのとは条件も違うし。


自然の摂理には反するかもしれませんが、1匹だけとはいえ、
放置していたら確実に食べられていた命を救えたことにちょっと感激。




ポチってもらえるとランキングとともにいぬがみのモチベーションも
上がるかもしれません。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村  にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-11-20 22:38 | 25キューブ

レッチェリを殖やしたい

9月にお迎えしたレッドチェリーシュリンプ。
30匹導入したはいいけど、うじゃうじゃいる感じでちょっと入れすぎたかな。
抱卵個体も3匹いたので、この先大変だと思ってたんです。

導入直後は☆になることもなかったけど、しばらくすると行方不明者続出。
亡骸もほとんど見ることなかったので行方不明。
水槽外にも見当たらない。
たぶん人知れず亡くなって、仲間にツマツマ葬されたんだろう。

でもまだ10数匹は残っていると思ってた。


先日のメンテの時に、石組みや水草をどかしついで数を数えてみると
なんと、6匹しかいない。(その後フィルター内から稚エビ2匹発見)
どうりでコケるのがはやいと思った。

それにしても少なすぎる。
ここまで減っているとは。

導入してからは抱卵することもなかったので、この先数が増えることは
ほとんど期待できないだろう。
オスがいないのかもしれない。


ヤマトが3匹いるけど、レッチェリ6匹と合わせてもコケ取り隊としては戦力不足。
それでは戦力増強といきましょう。





ホームセンターハイエースでレッチェリ20匹購入。
抱卵個体を3匹と、オスっぽく見えるやつを何匹か指名買い。

慎重に水合わせして、25cmキューブにお迎え。


a0291092_2214565.jpg


ウェルカムディナーを早速ツマツマ




a0291092_22154571.jpg


ぷりぷりな肉体の抱卵ママエビ。
色気があるように見えるのはワタシだけ?


これでコケ取り隊パワーアップじゃ。
どんどん増やして、いつかあのセリフ言うのだ。

『圧倒的じゃないか、わが軍は!』 と






しかし翌朝、抱卵個体が1匹☆に・・・(´;ω;`)

まだ死んでからそれほど時間がたってないようだったので
卵だけでも救えないか。


a0291092_22255252.jpg


亡骸から卵を採ってネットに入れ、水流の当たるところに置いてみた。
10粒ぐらいしか卵採れなかったけど、稚エビが孵るといいな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村   にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-11-12 22:34 | 25キューブ

フィルター掃除

歯医者で治療中、口の中を照らすライトを見て、これアクアに使ったら水草もりもり育ちそう。
なんて考えてたいぬがみです、コンバンハ。
もうここまで来たらアホです。かなり重症です。





前回の記事でグロッソスティグマを略すとグロッソか、グロッソスかと尋ねたところ、
グロッソスなんていうヤツいねーよ、とあたたかいツッコミをいただきました。
そのせつはアリガトウゴザイマス。


いやいや、いるんですって。


アクアリウムをはじめようか考えていたころ、ワタシの背中をひと押ししてくれたブログがあるんです。

それはcube60さんの『キューブ水槽でアクアリウム』
タイトルでわかるとおり、かなり影響されていますw
もう今は更新されてないようですが、そのブログではたしかにグロッソスと表現されていました。

ほかの人のブログでも見たことあります。
ただいずれも古い記事だったので、昔から水草をやっている人はグロッソスと略すのかなぁ。

でも個人的にはグロッソの方が言いやすいし、こっちで慣れちゃってますからグロッソスなんて言いません。
これからもグロッソでいきます。







ところで最近、25キューブの水がなんか臭いんです。
生臭いような匂い、今までこんな匂いしなかったのに。


何が原因かよくわかりませんが、生体が急に増えたからかもしれない。
それでバランス崩れて濾過がうまくまわってないとか。
でもサカナもエビもいつもとかわらないけどなぁ・・・

そういえばフィルターをエーハイムの2213に替えてから、濾材の掃除もしてない。
9月あたまから使用してるので、ここらでいっちょ濾材掃除じゃー。


ということで、はじめての2213濾材掃除。

濾材がバスケットに入ってるので、メンテの時ラクだね。
バスケットがなければ濾材がもっといっぱい入るのにという声もあるけど、個人的にはラクチンな方がスキ。
濾材バスケット、ブラボー。



a0291092_22151932.jpg


いました、稚エビ。
フィルター内に稚エビ、定番ですね。

レッチェリ導入時に抱卵してたのが孵化した子たちでしょう。
それ以来、誰も抱卵しないのでこの子たちは大事に育てよう。
ウチのレッチェリ、メスばっかりなのかしゃん?



フィルターの中はというと、ほとんど汚れてなかった。
もっとドロドロかと思ってたけどキレイなもんだ。


濾材をバスケットから出して、水ですすいで元に戻して再起動。
この時初めて、ダブルタップの便利さに気付いた。
タップ連結してコック開ければ、勝手に呼び水してくれる。
ダブルタップすげぇ!


濾材掃除から3日たつけど、今のところ匂いはしなくなった。
しばらく様子を見てみます。




フィルター内で稚エビを発見したことある人は ↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-11-06 22:37 | 25キューブ

ビフォーアフター

ヤマトを投入してほぼ1週間。
効果のほどは・・・



before

a0291092_17243417.jpg


木酢攻撃後
a0291092_17275976.jpg




after(1週間後)

a0291092_17252045.jpg



なんということでしょう。
ヤマト匠は1週間で赤く枯らした黒ヒゲを食べつくしてくれました。





でも食べ残しもあるし・・・

a0291092_17285327.jpg




水流の当たるところだけきれいになってるから、水流にもまれて自然にとれただけかもしれない。
ヤマトが赤くなった黒ヒゲ食べてるところってあんまり見ないし。
レッチェリが食べている姿を目にすることの方が多いね。

全体的に減ってはきているのでいいいけど。
ヤマトの働きぶりに関してはまだ未知数だなぁ。




ブログ村に更新通知設定してなかった(*´∀`)
これからは最新が表示されるので、ポチッとおねがいします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2012-11-03 17:39 | 25キューブ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE