2013年 01月 27日 ( 1 )

 

リセット 心が折れた編

前回記事ではソイルと化粧砂を敷いたところまででした。


次は注水です。
水槽起ち上げ作業でもっとも厳粛な時です。

いざ、注水の儀~

と思ったら、画像とってなかった。
ここからはもう写真撮る余裕すらなくて・・・




説明しますと

ゆるゆると水を注ぎ入れます。
水の勢いでせっかく敷き分けたソイルと化粧砂の境界が消えないように、ちょろちょろと水を注ぎ入れました。

25キューブといえどちょろちょろやってたら軽く1時間は超えました。
途中でおやつ食べたりしながら(あれ、余裕あるじゃん)やりました。


アマゾニア初使用だけど、すごい水濁るわ。
あとゴミが多い!
すくってもすくっても細かいゴミが浮いてくる。
でもこれが水草がキレイに育つ秘密なんだろうな。


半分ほど水が入ったところで、いよいよ植栽。
注水の次に厳粛な時です。

では、コホン
いざ、植栽の儀~





ここも画像ありません。
余裕ありませんでした。

というか、ここから問題噴出。




問題その1

イメージをスケッチしておいたのですが、そのとおりいかない。
計画ではここにアレ植えてこっちはコレ植えて流木はここに置いて・・・と細かく予定してたんです。


しかし


そんなにスペースがない!
それもそのはず、25cm四方しかない水槽にさらに化粧砂を敷き分けては、水草を植えるスペースなんてちょっとしかない。

境界にした溶岩石も思いのほか場所をとっているし。


できればリセット前の水草のほとんどを使用したかったけどしかない、あきらめよう。
それでも植えられるだけ植えてやろう。


そこからはもう、植えたさ。
一心不乱に植えたね。
ちょっとしたスペースを見つけては、これでもかと。


でも実はこのとき気づいてたんだよね。
ピンセットの先にあたる感触に違和感を感じてたんだよね。


ソイル部分のほぼすべてに水草を植えたところで残りの水を注ぎ入れた。
収穫前の1/3ほどはつかっただろうか。




そして、ここから悪夢がはじまる。

問題その2


a0291092_14572879.jpg



a0291092_14574087.jpg



次々と浮いてくる水草。
植え直しても植え直しても浮いてくる。
次第に水は濁りはじめ、水槽の中が見えなくなった。

白い化粧砂の上には黒いソイルがぶちまかれ、見るも無残な姿に。



これには原因があった。
ソイルの層が薄かったのが原因だろう。
植栽の時に感じたピンセットの先の違和感は、パワーサンドの上においた鉢底ネットだ。
鉢底ネットで水草が深く刺さらず、浮いてきてしまうのだ。


思い返せば、パワーサンドを規定量使おうと、狭いスペースに山盛りに置いた。
かなりの高さになったのでソイルの厚みを見誤ったか。

パワーサンド0.4リットルのところ、400g計量したのも間違いだ。
液体ならともかく、こんな隙間の多いものは体積=重量ではないし。
アホだ。






ひとしきり格闘したが、心が折れた。
もうこれ以上やっても水草は植わらない。
無駄なあがきだ。

根本部分を解決しなければ、事態は改善しない。


朝9時過ぎから始めて、もう夕方5時。
もう気力も体力もない。



そんなわけで翌日、再リセットを決行するのでした。

次回 『リセット 完結編』をお送りします。






にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2013-01-27 15:22 | 25キューブ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE