疑惑のサイアミーズ

先週末、導入したサイアミーズ・フライングフォックス。
2匹の模様が微妙に違うし、ヒレの色も違う。
この2匹の差は雌雄の違いなのか、それとも違う種類なのか。



あれからワタシもいろいろ調べました。


あちこちサイトを回っても、ウチの2匹がはっきり違う種類だと言える確証は見つかりませんでしたが
サイアミーズ・フライングフォックスと似て非なるサカナもいるようです。

あきらめかけたその時、あるサイトでウチの子たちとクリソツな画像を見つけました。


それがこれです!


a0291092_21385325.jpg


これがサイアミーズ・フライングフォックス





a0291092_21393397.jpg


そしてこれがフライングフォックス



画像はチャームさんから勝手に拝借。
ゴメン、今度何か買うから許して



a0291092_21411551.jpg


これがウチの子たち




この奥にいる方はチャームのフライングフォックスの画像そのものじゃないですか。
黒ラインの上に金ラインが入っているあたりと、ヒレに色が入っているところはそっくりです。





チャームの説明には


サイアミーズ・フライングフォックスの名前で本種をはじめ数タイプの種が流通されています。混同されがちですが本種の特徴として側線のブラックラインの上に金のラインが入り、胸ビレがやや大きく赤味を帯び、背ビレなどはやや黄色味を帯びています。吻がわずかに短いといった特徴も見られます。サイアミーズ・フライングフォックスに比べ美しいのですがコケ取り能力はやや弱く、性格もやや荒いです。飼育は容易ですが成魚になると縄張り意識が強くなり、コケを食べなくなるので、人工飼料の与えすぎには注意してください。


身体的特徴はほぼビンゴ。
まず間違いないでしょう。

サイアミーズよりコケ取り能力は劣るとか性格が悪いとか、あまりいいコト書いてありませんが・・・
ウチの2匹のうちの1匹はサイアミーズ・フライングフォックスではなく、ただのフライングフォックスのようです。


しかし、サイアミーズじゃないからと言って追い出すわけにもいかない。
せっかく我が家に来たんだし、黒ヒゲでも食べてのんびりしていってね。





しかし今朝、水槽の外で干物になってる疑惑のフライングフォックス発見 Σ(゚Д゚;)ゲゲッ

疑惑をかけられたまま生きていくことに耐えられなくなり、自ら命を絶ったのか。
それとも背後に巨大な悪の組織がいて、正体がばれそうになり殺されたのかも。





この案件は被疑者死亡につき、迷宮入りとなりました。
真相は闇の中・・・



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

  by wolf-aqua | 2013-02-26 22:17 | 25キューブ

<< コケ取り三羽烏 サイアミーズ?フライングフォックス? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE